プロミスならその日のうちに借りることができる!
プロミスなら即日融資も可能※時間がない方のためのキャッシング

プロミスなら即日融資も可能※時間がない方のためのキャッシング

プロミスのキャッシングは審査時間が短い

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

資金が必要なときには、消費者金融のキャッシングを使いたいと考える人が多いでしょう。大手消費者金融の1つとして、高い人気を得ている業者にプロミスがあります。

プロミスは申込みをしてから、すぐに審査が行われて、融資が実行されるまでにかかる時間が短いと言われており、即日融資を受けたいときには最適なキャッシングと考えられます。

申込方法も充実しており、店舗や自動契約機、電話、インターネット上などから手続きを行うことが可能です。プロミスの自動契約機や店舗に行って借り入れ契約をすれば、すぐにカードが発行されますので、ATMを使って融資を受け取ることができます。

インターネット上で全ての手続きを完結させることも可能で、来店しなくても即日融資を受けられるキャッシングとして知名度が高いサービスを行っています。借り入れをするには本人確認書類の提出が必要ですが、スマートフォンのカメラで書類の写真を撮影して、画像をアプリやメールに添付して送信すれば提出の手続きを済ませることができて便利です。


リスト 【プロミス】無人機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ
http://cyber.promise.co.jp/


プロミス無人機検索

キャッシング審査で重要なポイント!Web申し込みが可能でも契約は窓口!


インターネット回線の普及により、プロミスのようなカードローン契約はパソコンやスマートフォンから簡単に申し込むことが出来ます。特に人気なのがWeb完結により審査申込から契約完了まで窓口に赴く必要がないカードローンです。

しかし、中には契約申込はインターネットから可能なものの、あくまで仮審査となり本審査と契約については窓口対応となるものがあります。特に、都市銀行や地方銀行の場合、この方式の審査・契約が多く、短時間で融資が行われると誤って認識をする可能性があります。

そのため、申し込み前にWeb完結なのか申し込みかをハッキリとさせておくことが重要であり、審査結果の回答にどのくらいの時間を要するのか確認することが大切です。さらに、『審査結果が即日またはよく営業日』なのか『当日審査と融資が行われるのか』といった点を確認することがおすすめです。

銀行のカードローンについては、審査回答までの時間だけを明記し、契約申込は後日銀行での申し込みが必要と明記していることがあります。また、契約申し込み自体が、事前予約制といったケースもあるため、融資を受けるまでに掛かる時間を長めに考えることが大切です。基本的には最低でも仮審査申し込みから1週間以上は考慮するべきです。

カードローンの契約で審査落ちし難いコツはあるのか?


カードローンの多くは、無担保・保証人無しの商材が多く、金利の低い銀行系カードローンの場合は銀行の審査と保証会社の審査を受ける必要があります。

しかし、個人信用情報機関の登録情報に事故履歴が無いのにも関わらず、審査落ちする方も少なからずおり、契約を検討する方は審査のコツをインターネットで調べたりします。カードローン契約において、重要なのは如何に契約をすることが魅力的な申込者か認識される必要があります。

特に、銀行系カードローンにおいては、給与口座が開設されていることや一定額以上の預金が審査時のポイントとなります。このポイントについては、あくまでカードローンの利用が高額商品やサービスへの分割支払いであると認識されることが重要です。そもそも、預金が無い状態では生活に余裕が無いと判断され、融資金額が少額になることや融資自体が出来ないということになります。

さらに、給与振込口座として利用することは、銀行にとっては毎月安定した収入を確認出来るものとなり、万が一の際は給与差押も可能という判断が行われます。銀行系カードローン審査のコツは、如何に生活に余裕を持っているかアピールすることがコツとなります。若干のリスクは伴うものの、審査落ちにより約6ヶ月間の新規契約が出来ないことと比較すれば、現実性の高いものとなります。そもそも、6ヶ月経過後の審査でが合格するとは予想出来ないため、1回の審査に賭ける姿勢が重要です。

キャッシングの本人確認でチェックされている情報は?


キャッシング契約の際、本人確認を行うため身分証明証として提出するものは、運転免許証または健康保険証が多くなっています。しかし、これらの身分証明証で分かる情報は、生年月日や住所、保険証の場合は共済保険や組合保険、国民健康保険程度です。基本的には、個人を特定する情報を管理し、個人信用情報機関に照会を行います。

意外に重要な情報は、それぞれの身分証明証に記載される固有登録番号であり、住所や氏名が変わったとしても変化が少ない情報です。特に運転免許証には交付番号が記載されているため、この番号までもが管理対象となります。

巷では金融事故情報は、住所変更が繰り返さると追跡し難いといった情報があるものの、このような固有番号により個人を特定することが出来るというのが現状です。また、健康保険についても同様であり、勤務先の変更までも把握することが出来てしまいます。

結果として、本人確認は身分証明証と勤務先への在籍確認により、確実に把握される状態となっており、支払滞納を繰り返した場合、強制執行が確実に行われる状態にあります。近年では銀行側も高額な金額を入出金する際、身分証明証を確認しているため、債権者が裁判所の許可を受け、情報照会を受けた際は銀行口座の凍結も可能になってしまいます。

お金がすぐに必要な場合は


もっと入っていると思っていた口座に残高が無くてお金を引き出せなかった。カード代の支払いが想定以上でお金が足りなかった。週末に急な出費が必要になった。このようにすぐにお金を準備しないといけないという経験をした人は多いと思います。

そういった状況時に一番重要なことは必ずお金を準備できること、そして準備する時間も極力短いことになります。お金を借りる際は、どの会社でも必ず審査を行います。その人にお金を貸しても返済能力があるかどうかが貸す側には一番重要なことだからです。審査については各企業の独自の判定基準によって判断がわかれます。

キャッシングが可能な会社、大きく銀行系のカードローン会社とプロミスのような消費者金融系の会社の2つにわかれます。前者の銀行系のカード論会社は融資枠が大きかったり、金利が低いというメリットがありますが、逆に審査に時間がかかる場合が多いです。そうなるとその日にお金が必要だったのに、お金を借りれたのはその数日後という可能性もあります。

そうした中で消費者金融は、お金を貸し出すまでの時間がカードローンの会社より圧倒的に短いということが言えます。総量規制の枠内で、且つ借主が働いており、以前に返済時のトラブル等が無いならば、その日のうちに審査が下りて、当日中にお金も振り込まれたり、借り入れが行える可能性が非常に高いです。なによりも融資までの時間が短いということは、お金がすぐに必要な人には貴重な情報になります。

キャッシングの限度額と金利との関係


キャッシングを利用する際に設定されるのが限度額です。この限度額は本人の返済能力に応じてキャッシング会社が設定します。一般的に初めて利用する人の場合は限度額は低くなります。そして、何度か利用しているうちに限度額を増額することができます。では、キャッシングの限度額と金利にはどのような関係があるのでしょうか。

実は、キャッシングの限度額を増額すればするほど金利を低くすることができます。なぜでしょうか。簡単に言うと、限度額はキャッシング会社が利用する人に対する信用を表しています。限度額が増えてれば増えるほど、キャッシング会社からの信用が増しているというわけです。それで、金利も低くなっていきます。

さて、どうすれば限度額の増額を行うことができるのでしょうか。それは非常に簡単で実際に自分から申し込むことによってできます。ある程度利用実績があり、きちんと問題なく返済しているのであれば、増額が認められるはずです。そうすると、もっと有利な金利、条件で借り入れができます。

しかし、注意も必要です。キャッシングの限度額が増額になると、金利が低くなるため多くの人が借りすぎてしまう傾向があります。それは人間の心理的に限度額の枠まで借り入れができるので、ついつい枠ぎりぎりまで借りてしまうということが原因ようです。当然ですが、いくら金利が低くなったといっても、借入額が大きくなれば返済の負担は増えます。それで、限度額に左右されずに毎回借り入れ前にきちんと返済プランを立てるようにしましょう。

契約社員と派遣社員ではどちらが有利か?


キャッシングは非正規雇用でも借りられるところが多いですが、非正規雇用といっても、アルバイトやパート、派遣社員、契約社員といった形態がありますが、この中で派遣社員と契約社員は似たようなイメージを持っている方も多いかもしれません。確かに言葉は違うが、扱いは似ているような印象がありますが、厳密に言うと大きな違いがあります。契約社員は会社が直接雇用して、直接労務に従事させますが、派遣社員は雇用されているのは派遣会社で、労務を提供するのは派遣先の会社になります。

やっている仕事のレベルや種類は同じようなケースが多いかと思いますけど、ここが大きな違いになります。どちらの方が審査に通りやすいか?というと、どちらがより社会的に信用があるか?そして、給料が安定しているか?という問題につながるでしょう。派遣社員は期間限定であることも多く、期間が終了すると、次の仕事がすぐに決まるか?どうかは分かりません。契約社員はアルバイトにも似ていて、無期限のケース、期限を決めないで雇われるケースも多くありますから、一般的には契約社員の方が給料は安定していると言えるかもしれません。

でも、これは一般的なケースであって、実際にはケースバイケースで違うので、ある派遣社員がある契約社員よりも客観的に安定していると言えることもあると思います。だから、ほとんど変わらない。審査に通りやすさはほぼ一緒の考えても良いのではないでしょうか?キャッシングの審査の通りやすさについては、気にするほどの格差はないと思います。